株式会社ワークスライン【マンション経営】

マンション経営のメリット1

東京都心のマンションをローンで買って家賃で返済していくマンション経営ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。多くの方がやられている年金対策や生命保険などとはどのような違いがあるのでしょうか。

建物が存続する限り家賃が取れます

近年日本では医療技術の進歩に伴い平均寿命も年々長くなってきています。言い方を変えればお仕事ご引退後の生活も長くなっているのです。そうなると、ご引退後少なくとも10年以上の生活の準備が必要になります。つまり現在35才の方であれば30年以上先の対策を今からしなければならない訳です。
弊社では東京都心の単身者向けマンションをご紹介しています。マンションは耐久年数が長く、建物が存続する限り家賃収入が見込めます。維持管理や入居者管理に至るまで当社が代行致しますのでオーナー様の手間もいりません。土地は生産出来るものではありませんし、最近は優良地が少なくなってきており、また規制等もある事から新規供給が難しくライバルマンションが建ちにくいのです。それに対して全国から就職や進学の目的で都心への単身者の流入が続いています。東京都心のマンションであれば、長期的かつ高い賃料収入が見込めます。

生命保険のかわりになります

マンション経営はローンを利用して始めるとローン自体に団体信用生命保険が付帯しております。(保険料はローンの金利に含まれております。 )万が一の死亡時にはローンが無くなります。もちろんローンが無くなれば、家賃は直接入って来ますし、マンションを売却することによって換金することもできます。
即ち、マンション経営をすることによって、少ない負担で万が一の時のご家族やご自身の保障を新たに増やすことが出来るのです。 見方を変えれば、現在ご加入の保険などを見直す、減らす、解約することにより、今現在負担している保険料の節約ができるのでは?

税金を節約することも可能です

マンション経営では所得税、住民税、相続税まで軽減出来ます。
所得税、住民税は毎年確定申告をおこない、不動産所得のマイナス分は損益通算することによって税金のかかってくる課税所得を減らすことが出来きます。
更に相続財産を現金で遺した場合と比べ、個人相続の場合、賃貸用の単身者マンションは約1/3の税金で済みます。ご家族により良い形でより多くの資産を遺すことが出来るのです。
※ 不動産所得が黒字の場合は、課税所得が増えます。
※ 不動産評価額は物件によって異なります。

ご存知ですか?レバレッジ効果

マンションはローンが利用出来ます。ローンを利用することによって、少ない資金で何千万円の大きな運用が出来るのです。弊社でご紹介しているマンションは、大体2,500万円〜4,000万円程の価格帯で年間80万〜120万程度の家賃が取れます。利回りで言いますと、
100万円 ÷ 2,500万円 = 4.00% になります。
それに対して約2.0%前後の金利でローンを利用するので、
4.00% - 2.0% = 差額 2.00% が利益(元金返済)になります。

この効果をレバレッジ効果(てこ原理)と言います。

  • 株式会社アンドライン お客様相談窓口
  • お問い合わせ・資料請求

NEWS お知らせ

  1. 2018年07月09日 New!! 

    夏季休業のお知らせと休業中の対...

    関係者各位、 平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。 夏季の休業について …
  2. 2018年07月02日

    管理物件入居率...

    当社管理物件 6月末時点の入居率 「97.97%」 となっております。
  3. 2018年06月01日

    管理物件入居率...

    当社管理物件 5月末時点の入居率 「95.89%」 となっております。

Instagram

SBI損保の火災保険 補償を自由に選んで暮らしをしっかりサポート

  • 住宅瑕疵(かし)保険の日本住宅保証検査機構